お気に入り

新着記事

保険

insurance01

保険とは、災害、事故、死亡等の時に備えて加入者が掛け金を行うものである。
また、そのような万が一の事態となった時にはそれに相応しい一定金額が普及される制度となっている。

これには大きく分けて、公的保障、企業保障、個人保証がある。
公的保障とは、国民年金等の国が行っているものである。
企業保障とは、死亡退職金や厚生年金など企業によって行われるものとなっている。

これらに対し個人保証とは、企業や国が行うものとは別に自分で預貯金や保険へ加入する事である。
これは、公的保障や企業保障のみでは不安を感じる場合に加入する事ができる。

加入率

insurance02

保険には、実に様々な種類がある。
例えば、その中の1つである生命保険は国民の約8割が加入しているものである。

あるセンターによって行なわれた「生活保障に関する調査」によると、男女ともに約80%の割合で加入をしている。
また、年齢層によって加入率は異なっており20代は男女共に加入率が50%となっている。
それに対し30代の加入率は、男女共に80%と推移しているのである。
このような結果から、20代~30代にかけて多くの者が加入を行う事が分かる。

また、出産時や結婚時はこれへの加入や見直しのタイミング時期でもある。
理由としては、加入の目的は自分の為ではなく結婚したパートナーやこどもの為であるからである。
万が一、自分が死亡した時でも加入している事によって残されたパートナーや子どもの経済面を助ける事ができる。

歴史

保険は、中世ヨーロッパで「ギルド」によって誕生したものである。
ギルドは、当時のヨーロッパ都市で組織化された同業者組合であった。
ギルドは、病気や怪我等に対しての資金援助や遺族への生活援助等を行っていた。

18世紀頃になると、エドモンド・ハレーによって生命表が作成された。
この生命表は、実際の死亡率に基づいて作成されたものであり合理的に保険料の計算を行う事ができた。
それによって、生命保険が誕生したのである。